《高校生平和大使の会》発足

20年目の活動をふり返り、新たな進展を図るために、高校生平和大使や高校生1万人署名活動に参加した全ての人たちを対象とした「高校生平和大使の会」を結成することになりました。

4月9日、長崎で開かれた「結成集会」には、第4代、第9代、第16代、第17代、第18代、第19代、そして今年選出された第20代の平和大使と1万人署名活動の経験者と支え続けたサポーターなど40人が集まりました。

核兵器の廃絶と平和な世界の実現という人類共通の願いを実現するために「高校生平和大使の会」を結成し、新たな歩みを開始しました。

記念講演として、被爆者の築城昭平さんが、1昨年「ノーベル平和賞」授賞式に参加された経験を話されました。ノーベル平和賞のノミネートをめざすという側面もある「高校生平和大使の会」の結成ですが、OB・OGの組織化により活動の拡がりと深まりをめざしたいと思います。



 

 

コメントは受け付けていません。