九州高校生平和サミット in 熊本

高校生平和大使20周年を記念し、2018年3月24~25日熊本市で九州高校生平和サミットin 熊本が開催されました。

高校生平和大使及び高校生1万人署名活動実行委員会は、核兵器廃絶と平和な世界の実現をめざし、各地で活動を続けています。今回、九州各県で活動している高校生が熊本で交流し、活動の深化と発展を模索しました。


24日には、熊本実行委員会が制作した被爆の実相を伝えるパネルシアターの上演、高校生平和大使派遣委員会共同代表平野伸人さんの講演ののち、「高校生平和大使・高校生1万人署名活動のこれまでとこれから」をテーマに、新旧11名の九州各県高校生平和大使をパネリストにパネルディスカッションを行いました。この日は、高校生以外を含め120名の参加がありました。
参加した高校生の感想です。さまざまな角度から、現メンバーと大人になってより多くのことを知った先輩たちとの話は、これまでの考えとは異なる視点にもに気付かされました。今後の活動へのアドバイスになることも多く、たくさんのことを学ぶことができました。

25日は、平和について考えるワークショップを行いました。5人ほどのグループに分かれ、前日のパネルディスカッションで出た課題に沿って意見交換をしました。
参加者の感想です。自分の考えを言ってそれを認めてもらう場があり、とても有意義でした。考えをまとめたり話したりすることが、今回のサミット前より大きく成長できたと思います。

コメントは受け付けていません。